省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

長期優良住宅制度を利用した省エネ・エコ住宅でマイホームを建てることになりました。
長期優良住宅先導的モデル事業の温もりのある木の家です。
家づくりの様子や、その家に住むあったか家族が感じ取れるブログになるといいですね。

本ブログは、家づくり・家族づくりを中心とした夢と現実の間の記録です。
スポンサードリンク
省エネ・エコ住宅であったかマイホームトップ
省エネ・エコ住宅であったかマイホーム:新着情報

OMソーラー|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

エコ住宅ということで、OMソーラーシステムに興味があります
高気密、高断熱住宅です。

OMソーラーシステムは太陽の熱を屋根で集めて利用する
「ソーラーシステム」の手法の一つで、
その特徴は、太陽エネルギーを電気に変換して使うのではなく、
「太陽の熱をそのまま使う」といいうシンプルさです

集熱しているときは常に新鮮な外気を取り込むため、
1年を通じて室内換気の役割も果たします。

冬−集めた温かい空気を床暖房に利用する。
  建物全体を暖める間接暖房のため、
  一室ごとに部屋間の温度差が少ない。
春から秋−その熱を利用してお湯を採ることができるとともに、
  残った熱は屋外に排気する。
夏の夜−室温より外気温が低くなると、
  夜間の涼しい外気を取り込む。
  換気効果とあわせて翌日の室内温度上昇を低減させる。
夏の昼−暑い外気をそのまま室内に取り込まず、
  床下を経由させることで冷熱を利用し、
  外気温より低温の空気を室内に送る。


K建築現地見学会|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日はK建築事務所の現地見学会で
新築の家を観てきました

K建築事務所はチルチンびとにも紹介された
建築事務所です

K建築事務所は、オール国産木材と、素性が明らかな安全な建材で
家を建てる建築事務所さんで、「安心して呼吸でき、快適な生活が
できる」住まいを提供しているようです、

チルチンびととは
自分らしい家づくり、暮らしづくりを考える人びとのために、
住まい手の視点に立った誌面づくりをコンセプトとした雑誌です
風土に根ざした素材でつくる安心で心地よい木の家。
などを紹介しています。
自然派志向の家づくりを目指す方には大変参考になると思います


吹き抜けと薪ストーブとウッドデッキ
そして、木の香り

特に、吹き抜けと薪ストーブの温かさが
印象的です

大手メーカーさんの家とは
ひと味もふた味も違います

我が家のイメージも膨らみます

ソーラーサーキット|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

ソーラーサーキット」は、
「外断熱」と「二重通気」を合わせ持った技術です。

「外断熱」は、家全体を断熱材で包みこんで
断熱性能を高めるので、冬に適しています。

「二重通気」は、家の中に設けた二重の通気層を使って
気流をつくることで室内の熱や湿気を調節するので、
夏季に適しています。

この二つを組み合わせることで、
一年中快適空間を実現できるというものです。

床下と小屋裏にそれぞれ設けたダンパーを開閉します
夏なら、さわやかな空気が流れ込むようにダンパーを開く。
冬なら、あたたかい熱が家の中から逃げないようにダンパーを閉める。
といった具合です。

開けたり閉めたりすることで、室温や湿度を調節します。

太陽光や風など、自然のエネルギーを利用した技術なので、
肌にも心にも気持ちよく、省エネの効果も期待できます。


ふたたびHホームモデルハウス|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

断念したHホームさんの違うモデルハウスを観てきました

というのも、家づくりの上で
色々と参考になる点があり
真似るべき所は真似てみようと
思うからです

やはりHホームさんは、床の仕上げが綺麗で上品
落ち着きがあります

そとん壁|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

いくらナチュラルハウスでも
外壁全てが板張りでは
チョットくどいかも

建築事務所さんで
家の外装材には「そとん壁」を勧められました

これは、火山灰を主原料とする100%自然素材らしく、
長期メンテナンスフリーで
防水性と通気性を兼ね備えた外壁材とのこと

ネットで調べると
なるほど、聞いてきたとおりで

そとん壁の特徴は
仕上げ表面の防水処理がなくても
建物内部に雨水が浸透しません。
そのうえ優れた通気性と調湿性により
壁内部に湿気を留めないので、
結露やカビの発生を防ぎます。
また無機質なので紫外線や雨などによる
退色・劣化が少なく、
建物のコンディションを長期にわたって
良好に保つことができます。


などと書いてある
その上、

建材そのものが調湿など機能を持つ材料は、
高気密・高断熱住宅には重要な役割を果たします。
そういった観点から、今後益々注目されるでしょう。


ということらしい。

メーカーさんのホームページだから
多少過大評価だとしても

ナチュラルハウスには最適素材

これは、高評価です。

トイレショールーム見学|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日は私と妻と子供と
トイレのショールーム見学です

TOTOさんとINAXさんへ出かけました

トイレのショールームなんて
こんな時しか行かないよね

ショールームでは丁寧に説明してもらえますし
教えていただけます

TOTOのネオレスト
INAXのサティス

最新のトイレを観てきました

タンクなしで、スッキリとした形です

上位機種は

便器に近づくと
オート開閉、オートライト、脱臭スタート、
オートサウンド、オートフレグランス

便座に座ると
プレ洗浄

便座から立と
オート便器洗浄、オート脱臭、

便器から離れると
蓋は自動で閉まるし、
動いていたものは全て自動で止まります

これ以上に付けるものはないだろうと思うぐらいの
オートのオンパレード、機能満載です

また、新型トイレの節水量もすごいです
5L足らずの水で洗浄完了とか

これだけの水で足りるなんてほんとかネ

家で使っているトイレとは段違いです
昔のトイレってどれくらいの水を使うんだろうね

さらに、最近のトイレは掃除もしやすいらしい

トイレにしても日々進化しています

しかし、現実に戻ると
オート○○○なんて機能はあれば便利だけど
不要だよね。



タグ:最新トイレ

Hホーム|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

Hホームのモデルハウスへ行ってきました

HホームもK建築事務所と同様に
チルチンびとに紹介されています

床の木目も綺麗で上品な感じです

木目はその時に仕入れた木材に左右されるものですが
Hホームさんはどこの展示場へ行っても
綺麗な床に仕上げています
実は、Hホームさんのモデルハウスは3軒目なのです

標準でこの床であれば、Hホームさんは我が家の家づくり
ランキングトップになります

しかし、話を聞くと我が家は
Hホームさんの施工エリア外とのことです

本当に残念ですが、Hホームさんは断念です



Hホーム完成見学会|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日はHホームさんの完成見学会へ行ってきました

Hホームさんは
シックハウス症候群などの原因にるような有害な建材
は使用しないそうです。
「木」・「土」・「紙」などの自然素材を使用し、
「空気の流れ」・「湿気の吸放」・「温度の変化」に
柔軟に対応し、身体にやさしいことはもちろん、
素朴な質感はどこか懐かしく、
あたたかい温もりを五感で感じることができる
家づくりをされています

ナチュラルハウスです

見学会会場は開放的な家です

夫婦と子ども二人が住人です

ふんだんに木が使用してあり
中に入ると木の香りが心地よい
落ち着ける雰囲気です

屋根裏収納が隠れ部屋のような造りで
子供に好評です

ココにも大きなLDKと
吹き抜け
そしてウッドデッキに薪ストーブと
欲しいものが揃っています

これに、越屋根があればバッチリです

大変参考になる造りと間取りで
我が家の輪郭がおぼろげに見えてきます



K建築事務所モデルハウス|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

K建築事務所のモデルハウスへ行ってきました。

建ててから間があるので木の香りは余り感じないけど
やはり、吹き抜けと薪ストーブがいい感じ

ウッドデッキもあり、開放感があります

庭はある程度広いと絵になります




ナチュラル?|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

ナチュラルってなんだろうね

ナチュラルな家具、ナチュラルな建具、ナチュラルな素材、
ナチュラルメイク・・・・・

wikipediaでは
本来は"自然の"や"天然の"等、人の手が入っていないありのままの状態を表す形容詞である。

デジタル大辞泉では
1 自然であること。天然であること。飾り気や誇張のないこと。また、そのさま。
 「―な素材」「―な生き方」「―メーク」
2 音楽で、変化記号を取り消し、もとの音に戻すための♮の記号。

木の家を目指す我が家は、ナチュラルハウス ですかね。


タグ:木の家

真壁と大壁|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

木造住宅の壁の施工方法には
「真壁(しんかべ)づくり」と
「大壁(おおかべ)づくり」の
2種類の工法があります。

真壁づくりは、柱を見せる工法の事で、
大壁づくりは、柱を隠し壁だけの仕上がりにする工法です。


また、
真壁づくりは、古くから日本で行われてきた工法で、
大壁づくりは、最近の住宅でよく用いられている工法です。


真壁は、柱が直接空気に接し、呼吸し、
蒸し暑い夏には湿気を吸い、
乾燥する夏には吐き出してくれる。

ナチュラルハウスのコンセプトからも
壁は真壁づくりに決定です。

タグ:家づくり

I工務店の現地見学会|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日はI工務店の現地見学会でした

I工務店の特徴は免震構造にあるようです

東海地区を中心に全国展開をしており
免震住宅を前面に出してアピールしています

見学会の庭先には免震構造のデモがありました
台の上にワインの入ったワイングラスが置いてあり
台を揺らしてもワインはこぼれません
といったデモでした

ハイブリッド免震構造というらしく
構造はさほど大きくないのに
すごい効果です

また、家の中は、落ち着きがあっていい感じです

暖房は気密性・断熱性を活かた「全館床暖房」をでした。
足元から暖まり、からだに優しい。
家中で温度差がほとんどない。
火を使わないので火傷の心配がない。
室内の空気を汚さない。
初期費用や燃料代が大幅にセーブできる。
という特徴があるようです。


タグ:現地見学会

自然派志向|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

たとえ予算が少なくても、品質は何とかしたい
家の品質の良し悪しというのではなく

妻が、化学物質などに敏感なので
極力化学物質は避けた家にしたい
という意味です

当面、目指す家は木造二階建、
吹き抜けと薪ストーブそして越屋根のある家

越屋根とは
採光・換気・煙出しなどのため、屋根の上に設けた小屋根
のことで、ときどき見かけます


合板は使用せず無垢の木材を使用した土壁の
気持ちのいい家
脱、シックハウス が目標です

シックハウスとは
新築やリホームしたときに見られる症状で
住宅を建てるときに使用される建材などからの化学物質が
原因で頭痛・めまい・吐き気など様々な健康障害を引き起こす
家のことを指します。
一般にその家から出ると症状が消える場合、
それをシックハウスと呼びます。

タグ:家づくり

農振除外の現地確認|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日の朝8:30から
農地転用の現地確認がありました

マイクロバスがとまり
役場職員の方と農業委員さんの
総勢15名ぐらいで現地の確認をされました

はじめに、役場職員の方が
申請書内容を読み上げられ
次に、地元の農業委員の方が説明をされました

 地元の農業委員の方とは事前に
 申請内容を打合せ済みです

あとは、質問があればそれに答えました

質問と言っても
排水先の位置とか
建物の位置とか
申請書に記載事項の確認のようなものです

20分間ほどで現地確認が終了し、
マイクロバスは次の場所へ移動しました

あとは、無事に農地転用許可が下りるのを待つだけです。

現地確認の感触では、問題はないと思います

許可が下りるのは来年の4月過ぎになります

許可が下りないと
次のステップへ進むことは出来ません

それまでは、家づくりのお勉強です


ハウジングセンター|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

朝から妻と子供二人を連れてハウジングセンターへ行ってきました

・旭化成ホームズ

・積水ハウス

・大和ハウス工業

・パナホーム

・トヨタホーム

・セキスイハイム

・三井ホーム

・住友林業

・一条工務店

・ミサワホーム

の各モデルハウスが勢ぞろいしてます

どこへはいるか迷った末に
木のぬくもりが感じられるモデルハウスを
選んで入ってみました

細部まで丁寧な造りがされています
最近の住宅の主流は
気密住宅とソーラーなのかな

モデルハウスも色々と参考になる点もありますが
建物もモデルハウス用に建築してあるだろうから
見極めも必要です
営業マンはつきっきりだし
住所と名前を書いたら最後
へたをすると、頻繁なダイレクトメールが約束されます
というような、注意点があります

無料のキャドソフト|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

申請書作成の必需品 キャドソフト

キャドソフトというのはコンピュータを使用して、図面を書くソフトウェアーのことで
自分で図面を書のであれば必需品です

私は図面の作成は”auto_cad”というキャドソフトを使用しました
このソフトは、私の仕事でも使用しているソフトです

キャドソフトを持っていない方や、キャドソフトを触ったことのない方で
図面作成をしてみようと思っているなら
”JW_CAD”というフリーソフトがお勧めです

”JW_CAD”は無料の上、建築士さんなども業務に使用している
本格的なキャドソフトです

申請図面作成に必要な操作方法も1〜2日あればマスターできると思います

フリーソフトはパソコンでダウンロードすれば無料で手に入ります。
説明書なども無料でダウンロード出来ます。

Jw_cadのホームページ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
Jw_cadがダウンロード出来ます

Jw_cad使用方法
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
Jw_cadの使用方法が有ります

使用方法は色々なサイトにあるのですぐに見つかります


”JW_CAD”は中堅以上の本屋さんのパソコン雑誌やパソコン書籍のコーナーへ行けば
Jw_cadソフト入りのCDが付いた解説書が数種類並んでいます。

その中から、人気の初級用テキストを”楽天ブックス”から紹介します




2,940円(税込 送料無料)





3,360円(税込 送料無料)


あなたも、トライしてみてください



農振除外申請 その4|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日は役場へ農振除外申請書を提出しました

訂正箇所をその場で訂正して

提出しました

丁寧な受け答えや指導をしていただき
役場の担当者に感謝です

あと、農振除外申請には
役場職員や農業委員会による現地調査があるそうで
後日案内文書が届くそうです

現地調査実施日までに、地元の農業委員さんに
内容を説明しておくと良いそうです




農振除外申請 その3|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日の予定は

・図面の完成
・同意書のお願いの残り分作成
・申請書作成

図面を書く前のその前に、
妻と土地の外周や道路、排水路などを測って
下準備です

図面作成は仕事でも使用していて
使い慣れているauto_cadを使用します

先程測った距離で図面を描いていけば
土地の区画の出来上がり

それらしい大きさで建物を書いて、
排水管を浄化槽から排水路につないで
説明書きを加えれば図面の出来上がり

cadを使用したことのない人でも
フリーソフトのJW_cadを使えば
一日は無理でも2〜3日位あれば
図面はかけるようになると思います

JW_cadは無料のソフトでありながら操作も簡単で
建築士さんなども業務に使用している本格的なcadです

説明書も本屋さんへ行けば何種類も売ってあるので
図面を書いてみようという方にはお勧めです


図面作成に、結構手間取りましたがなんとか完成です

同意書も、サインを頂くことが出来ました

申請書類一式をPDFファイルにして
サインや押印のあるもの(原本)と
図面などの印刷物を組合わせて
申請書の出来上がりです

PDFファイルも印刷して、控えの出来上がり

申請書一式、なんとか仕上がりました

cadソフトとPDFファイルはなにかと便利です


無料のPDF編集ソフト|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

申請書作成の必需品 PDF編集ソフト

申請種類の書式は役所で印刷物を入手するかホームページからダウンロードして、
必要事項を書き込みます

私は、ホームページから申請書類の書式をダウンロードして
パソコンで作成しました

ダウンロードしたファイルはPDFファイルでした

PDFファイルの編集(住所などの追記等)はアクロバットリーダーでは出来ないので
”PDF Xchange Viewer”というフリーソフトを使用しました

このソフトは無料です

所定の記入欄に追記ができるので非常に便利なソフトです


PDF Xchange Viewerダウンロード
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
窓の杜からダウンロード出来ます


PDF Xchange Viewerの使い方
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
ダウンロード方法ととPDF編集を加える方法が書いてあります



あなたも、トライしてみてください



農振除外申請 その2|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日は会社を1日休んで

農振除外申請に必要なもので
平日しか揃えられないものを揃えます

まずは、法務局
土地登記簿謄本や字絵図を揃えます
法務局なんて普段は全く縁がないです

窓口で申請書を書いて
待つこと10分程度
土地登記簿謄本と字絵図を受け取ります

その足で、知り合いの建築士を訪問

建築物等の配置及び排水計画書
の書き方を教えてもらいます
そして
適当な(申請する現地に合うような)
配置図の見本をいただいちゃいました

その後、排水先の写真撮影です。

宅地予定地や排水先予定地の写真を撮り
その写真を持って水利組合長宅へ伺い
排水同意書・浄化槽設置同意書への
サインと押印をいただきました。

この同意書が非常に重要です。
私の場合、排水は家の前の排水路へ流すのですが
その排水路は、他の水利組合管理の用水路に合流します。

ということで、水利組合の排水同意書は
自分の水利組合と他の水利組合の2通が必要になります。

他の水利組合の同意書を忘れて申請が却下された
という話も耳にしますので、要注意です。

次に、隣地所有者宅を訪問
隣地同意書にサインをもらいます。
普通であれば所有者の同意で良いのですが
一軒は、所有者と耕作者が違うため
耕作者の同意も必要となります。

隣地同意書は途中までで本日の訪問は終了

その後は、図面作成です

夜は途中まで図面を作成し、本日は終了



タグ:農地転用
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。