省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

長期優良住宅制度を利用した省エネ・エコ住宅でマイホームを建てることになりました。
長期優良住宅先導的モデル事業の温もりのある木の家です。
家づくりの様子や、その家に住むあったか家族が感じ取れるブログになるといいですね。

本ブログは、家づくり・家族づくりを中心とした夢と現実の間の記録です。
スポンサードリンク
省エネ・エコ住宅であったかマイホームトップ > 建具

樹脂サッシとアルミサッシ|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

樹脂サッシとアルミサッシについて調べてみました

■樹脂サッシとは
一般的なアルミサッシは、アルミ製の枠にガラスを入れたものですが、
樹脂サッシはアルミの代わりに塩化ビニール製の枠を用いたものです。

■アルミサッシの特徴
広く使われるアルミサッシは、窓設備として非常にすぐれたものです。

すきま風が入らず、雨漏りもしない。風によるがたつきも少ないし、
枠との密着度を高めれば、遮音性も上がる。なによりも耐久性が高い。

しかし、アルミは熱を伝えやすいので断熱性の面では劣っています。

断熱性の高い窓ガラスが広まり、窓の結露は少なくなりましたが、
枠がアルミのままだと結露を完全に防ぐことができません。

冷え切ったアルミに室内の暖かい空気がふれると、
空気の温度が一気に下がります。
温度が下がると、水分が結露としてアルミ枠に付着するというわけです。

そこで、アルミより熱伝導率が低い樹脂を窓枠に用いることで、
結露が生じにくくなります。

■樹脂サッシの長所
樹脂サッシの特徴は、まず熱伝導率が低いということ。
熱を伝えやすいアルミに比べ、熱伝導率は約1,000分の1です。
熱伝導率が低いということは、結露が生じにくいので、
カビやダニの発生を防ぐというメリットがあります。

断熱性が優れている、というのも大きな特徴です。
複層ガラスとの組み合わせによって、高い断熱性を得ることができます。

溶着加工で成型されたサッシの窓枠と窓框には気密材を用いているので、
気密性も高く、すきま風や冷気の侵入を防ぎ、
複層ガラスを用いることで、高い遮音性能も得られます。

軽量で、着色も容易なので、カラーバリエーションが豊富です。

見た目や手触りがやさしいです。

■樹脂サッシの短所
風合いは木製の枠(外側はアルミ、内側を木製にしたもの)にはかなわない。

アルミに比べると一般的に価格は高めです。
価格はアルミ枠、樹脂サッシ、木製サッシの順で高くなります。

商品によっては、防火戸の使用が規定されている部分に用いることができません。

アルミに比べると傷がつきやすいです。

ベンジンやシンナーなど使えない溶剤があるので注意が必要となります。


| 建具

框戸(かまちど)とフラッシュ戸|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

框戸(かまちど)とは、材木を加工し縦や横の部材で骨組みを作り、
無垢板やガラスをはめ込んで組み立てた建具のこと。
骨組みにより強度をを確保する建具で
重量感のある建具となります。
堅牢であるため玄関などの建物の外部に面したところに
用いられることが多い。


フラッシュ戸とは、木材などの心材に両面から合板などを
貼り付けて作る建具。
表面を覆う材料(面材)により強度を保っています。
シンプルなデザインの建具になるが量産に向いていて、廉価で
軽量のメリットがあります。
仕上げは天然木化粧板、合成樹脂のものなどいろいろです。


モデルハウスでは框戸が顔となっています

我が家の玄関ドアを開けると、
玄関と、LDKの間に框戸
これに決まりです


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。