省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

長期優良住宅制度を利用した省エネ・エコ住宅でマイホームを建てることになりました。
長期優良住宅先導的モデル事業の温もりのある木の家です。
家づくりの様子や、その家に住むあったか家族が感じ取れるブログになるといいですね。

本ブログは、家づくり・家族づくりを中心とした夢と現実の間の記録です。
スポンサードリンク
省エネ・エコ住宅であったかマイホームトップ > 農地法第5条

農地法第5条の現地確認|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日は農地法第5条の現地確認です

立ち会うため、会社は半日有給です

朝8:30頃、役場職員、農業委員の方が到着

農振除外申請が完了しているので
その旨を、役場職員の方が説明されました

そして、地元農業委員の方が
簡単に概要を説明されて
特に質問事項もなく、終了です

所要時間15分程度

農業委員さんたちを乗せた車は
次の場所へ移動です

許可が下りれば工事にかかることが可能となります


農地法第5条申請 その4|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日は役場へ農地法第5条の申請書を提出しました

チェックしていただくと、ところどころにエラーがあります
訂正箇所をその場で訂正して、なんとか提出出来ました

丁寧に指導をしていただき
役場の担当者に感謝です

許可が下りるのに1ヶ月くらいかかるようです

ということで
農地法第5条の申請も
申請書及び必要な添付書類作成まで行い
素人でも申請することが出来ました


農地法第5条申請 その3|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

残った作業は今日中に済ませます

建築事務所で打合せを兼ねて申請書に添付する図面を受け取り
帰ってから、申請書を作りました

なんとか予定通り、申請書の完成です

農地法第5条申請 その2|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

今日は同意書関係を仕上げます

5条申請の同意書関係は
相手が農振除外申請の時と同じ人なので
農振除外申請の時に頂いた同意書を持参して見せれば
サインをもらうのにも手間取りません

一日で完了しました

あとは、申請書と図面です

農地法第5条申請 その1|省エネ・エコ住宅であったかマイホーム

次は農地法第5条申請です

農地法第4条、第5条申請は
 田・畑を農地以外のものに転用する場合、
 農地法に基づく許可を受けなければなりません。
 所有者自らが転用する場合は農地法第4条、
 転用目的で売ったり、貸したりする場合は
 農地法第5条の許可申請になります。
 また、農業振興地域内の農用地区域である土地については、
 農用地区域から除外後でないと転用申請ができません。
というものです。

私の場合は5条申請となります

これも、行政書士さんに頼むのが一番お手軽です。
費用はネットで調べると、
面積によるけど、最低で10万円はかかるみたい。

必要な書類は、農振除外申請と殆ど変わらないので
またまた自分でトライしてみます

必要なもの
・5条許可申請書
・土地登記簿謄本
・公図
・位置図
・現況案内図
・建物配置図
・建物平面図
・隣地承諾書
・耕作者承諾書
・誓約書
・排水放流同意書
・住民票

建物の配置図と平面図は自分では無理なので
K建築事務所さんに作成依頼しました

5条申請は毎月受け付けているようなので
農振除外申請のようなことはありません

遅れても来月があるので安心です

でも、2週間くらいで申請するつもりです

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。